見た目が重視される時代|ほくろ治療を受ける前に把握しておきたい事【レーザーの仕組み】

ほくろ治療を受ける前に把握しておきたい事【レーザーの仕組み】

サイトメニュー

見た目が重視される時代

カウンセリング

術後の整容性を保てる治療

ほくろを取り除く手術は、皮膚科でも形成外科でも美容整形外科でも受けることができます。一般的な皮膚科は病気治療がメインで、形成外科は表面上見える問題を外科的手術で治療するのがメインです。美容外科が美容を向上させることがメインとなりますが、ほくろの除去は基本的にどちらでも受けることができます。ただ、皮膚の異常を正常な状態にするための治療ではなく、美容が損なわれるのを解決するためであれば美容整形外科が本分でしょう。もちろん、ほくろの中にはメラノーマという皮膚がんの種類もあるので、病理を診察することも重要です。ただ、かなり昔は、なんらかの病気を治療するためには見た目に問題が残っても致し方のないこととする考え方が主流でした。でもそれはすでに時代遅れで、近年は術後の整容性を保つことも重要だという考え方が重視されるようになっています。このため、例え病気治療であっても形成外科や美容整形外科の出番は多くなっており、ほくろの除去も例外ではありません。特に取り除いた後の肌を美しい状態に戻すことまで含めれば、美容整形外科を活用するのも納得の行くことでしょう。ほくろの除去で美容整形外科を選ぶ際には、レーザーによる治療だけでなく、電気メスによる焼却や切除縫合法などの技術も高いところが基準となります。取り除いた痕が肌に残るようではいけませんし、傷をいかに目立たなくするかも重要なポイントです。良性の場合、大切なのは正常な組織を傷つけないことも重要で、レーザーなどで焼き切る場合はどこまで照射するか深さにも注意が必要です。サイズによっては切開手術になりますが、肌の状態に合うように縫合するデザインセンスも必要になります。良性なほくろは色素性母斑と言いますが、表皮と真皮の境目あたりに存在していて、かなり大きい場合は数回に分けて少しずつ切取る事になります。盛り上がったいぼのようなほくろは老人性疣贅で、老化で発症する良性腫瘍です。次第に大きくなるものもあり、しみと一緒に発生することも多い多発的なほくろです。事前のカウンセリングで丁寧に説明し、美しく治すためにはどんな方法が考えられるか、提案してくれる美容整形外科を選びましょう。

Copyright© 2018 ほくろ治療を受ける前に把握しておきたい事【レーザーの仕組み】 All Rights Reserved.