美容整形外科でできる除去|ほくろ治療を受ける前に把握しておきたい事【レーザーの仕組み】

ほくろ治療を受ける前に把握しておきたい事【レーザーの仕組み】

サイトメニュー

美容整形外科でできる除去

水着姿の女性

心配は要らないが気になる

ほくろは、生まれつき誰の身体にもあるものです。これは、人間の体内に存在するメラニンという色素が、高密度で集まることによってできています。メラニン色素は、私たちの身体にとって太陽の紫外線の悪い影響を抑制するためになくてはならない大切なものです。ほくろには、大きく分けて2つの種類があります。ひとつは表面が平らで滑らかなもので、狭義ではこれを黒子(こくし)と呼んでいます。そして、もうひとつは皮膚がふくらみを持ち盛り上がった状態で、これは医学用語で色素性母斑あるいは母斑細胞性母斑と呼ばれています。これらの大きさや位置関係はさまざまで、年月の経過とともに変化することもあります。けれど、ほとんどの場合は良性の皮膚の腫瘍であるために特に心配をする必要はなく、そのままにしておいても大丈夫です。ただし、良性のほくろによく似た皮膚がんもありますので、注意も必要です。短期間で急激に大きくなったり色が濃くなったりした場合などには、速やかに病院を受診した方が良いでしょう。ほくろは、ほとんどの場合で健康的な問題はありません。しかし、顔や首など人の目につきやすい場所にあるものは、どうしても気になってしまうものです。中にはそれがコンプレックスになって、性格や心に悪い影響を与えてしまう場合もあります。そこで利用すると良いのが、美容整形外科です。美容整形外科なら、目立つほくろを綺麗に取り除いてもらえます。治療方法としては、メスを使用する切除法とメスを使用しない方法とがあります。切除法は、メスを使ったいわゆる外科的な手術です。一方メスを使わない方法では、レーザー光線の照射によってほくろを破壊したり、電気メスで色素を削り取ったりします。メスと言っても、電気メスを利用する除去では皮膚を切開することはありません。美容整形外科では、ほくろの大きさや場所、そして個人の希望に合わせた最適の方法で治療を提供してくれます。ただ取り除くのではなく、できるだけ自然に美しく治療を行ってくれる専門家が美容整形外科です。ほくろが気になっている人は、一度相談してみるのが良いでしょう。

Copyright© 2018 ほくろ治療を受ける前に把握しておきたい事【レーザーの仕組み】 All Rights Reserved.