ほくろ治療を受ける前に把握しておきたい事【レーザーの仕組み】

ほくろ治療を受ける前に把握しておきたい事【レーザーの仕組み】

サイトメニュー

美容整形外科でできる除去

水着姿の女性

ほくろは、生まれつき誰にでもあるものです。ほとんどの場合で健康的な問題はありませんが、顔や首など人の目につきやすい場所にあるものは気になってしまうものです。そこで利用したい美容整形外科のほくろ除去について、その治療法と特徴をお話しします。

詳しく見る

ほとんどが良性の病変

顔に触れる女性

ほくろを除去する場合は、皮膚科や形成外科、美容整形外科などで手術を受けることができます。ほとんどのクリニックでは、ほくろ1mm単位で料金を設定しています。手術方法はメスを使う手術とレーザーを使う手術が主流です。

詳しく見る

コンプレックスになること

看護師

ほくろをコンプレックスに感じている場合には切除を考えてみるとよいでしょう。今は美容外科クリニックでも施術を受けることができるようになっているので、予約を行ってカウンセリングを受けてから施術を受けることが多いです。

詳しく見る

気になる部分を取り除く

医者

ほくろを除去する場合、美容整形外科の炭酸ガスレーザー治療を受ける方法がありますが、出血が少ないことや健康な肌への負担が軽いことからも人気です。また、初めて施術を受ける方は、施術を受けた後アフターケアを十分行うよう意識しましょう。

詳しく見る

見た目が重視される時代

カウンセリング

ほくろの除去は、ほくろを取り除くだけでなく、その後の肌の状態も美しく整えてくれる美容整形外科を利用するのが一番です。カウンセリングで様々な方法を提案し、美しく治すことをメインに考えてくれる美容整形外科を選びましょう。

詳しく見る

施術内容を事前に把握

カウンセリング

選べる施術方法

ほくろ除去の方法は外科的な手術とレーザーで処理する方法が代表的なものですが、レーザー処理の方がより一般的になっています。これは手軽に行う事が出来て一回の治療時間が短くて済み、傷跡が小さくて済むメリットや外科治療が難しい部分にも有効です。レーザーの仕組みは少しずつレーザー光で皮膚を削り取っていく方法で、医師の技量が大きく関係してくる部分なので経験のある医師を選ぶ事が重要です。メラニン色素だけに反応するレーザーもあるので、皮膚の中に照射するものと表面を削っていくものを使い分けて治療する事も多いです。サービス面は病院によって様々で内容をよく比較して選ぶ事で、後で後悔する事もなくなり満足出来る治療を受ける事が出来ます。カウンセリングや診察やアフターケアが無料の病院もあり、術後の仕上がりが不満な場合でも再度治療を受ける事が出来るサービスもあります。看護師や医師の雰囲気がいいとか、個室でほくろ除去に関する相談が出来るなどの精神面のケアも充実している所がいいです。外科的治療はほくろを切除する方法で確実にほくろをなくす事が出来て、やり方はくり抜き型と切除縫合型があります。くり抜き型は円形状にくり抜いて巾着状に縫っていく方法で、切除縫合型は切除してから縫合して抜糸していきます。くり抜き型は5ミリから6ミリ以内の小さめのものに使われる方法で、切除縫合型はそれ以上のものに使われる方法です。現在主流になっているのがレーザーによるもので、CO2レーザーやQスイッチレーザーなどに分ける事が出来ます。CO2レーザーは10ミリ以下の小さなものに使われる方法で、水分と共に蒸発させていき表面を削っていくイメージです。Qスイッチレーザーは、メラニン色素にだけ反応するレーザーを使用して消滅させるか薄くさせていく方法です。レーザーは黒い部分に反応するので黒かったり大きかったりすると一時的に痛みを感じますが、切除するわけではないので痛みは長く続かないメリットがあります。レーザーを照射する間隔を1ヶ月以上開けなくてはいけない点に注意する事と、うっすら残る場合があることを知っておく事が大事です。

Copyright© 2018 ほくろ治療を受ける前に把握しておきたい事【レーザーの仕組み】 All Rights Reserved.